ここまでやるから選ばれる!高槻特許商標事務所のこだわり

特許出願・商標登録出願におけるポリシー

特許出願におけるポリシー

全国対応の高槻特許商標事務所では、貴社の「特許(実用新案)」「商標」等の知的財産におけるパートナーとして、1から10まですべてをきめ細かくサポートさせていただきます。ただ手続を代理するだけの弁理士ではなく、特許や商標の出願・登録を通して貴社の経営を支援することができればと思います。

1.必ず対面による打ち合わせ・議論を行います

発明の本質を理解するための対面打ち合わせ

当所では、弁理士が、必ず貴社の事務所を訪問させていただき、対面式による念入りな打ち合わせを行っています。実際に顔を見てお話しするからこそ、貴社が抱える問題点を的確に把握でき、適切な解決策をご提案できるのです。

貴社の資料をもとにした密度の高い議論

打ち合わせの参考資料はお客様のお手元にあるものです。貴社にて打ち合わせを行えば、その場でそれらの資料を確認でき、リアルタイムで密度の高い議論が行えます。又、紛失のリスクもなく、機密性を維持できます。

発明の理解と精度の高い議論

資料には記載されていないような発明の本質や特徴を詳細に理解するために、弁理士が、発明内容についてお客様(発明者様)と対面して緻密な議論を行うことを原則としています。これにより、より戦略的な出願を行うための書類作成、及び、応用・展開例をご提案することが可能です。

当所弁理士である山本真一は、富士通株式会社にて7年間にわたり技術者として発明の創作活動をしてきました。電気技術者としての経験を持つ身として、研究・開発過程の悩みや苦しみ、解決方法等を直接お聞きすることが、より深い発明の認識と理解、そして正確性の高い出願につながると確信しています。

2.技術上の秘密を守り適切に管理します

秘密を守り抜くためのプロ指導

当所の弁理士は、お客様の事務所や工場を訪問し、営業秘密の管理における適切な助言や管理指導を行います。製品設計図、製造技術、開発段階の試験データ等のいわゆる“技術上の秘密”が適切に管理されるように尽力します。万が一“技術上の秘密”の外部漏洩が起きた際には、当所弁理士は、開示・使用の差し止め等の裁判外紛争解決手続又は民事訴訟事件の代理人として、対応策を講じさせていただきます。又、“技術上の秘密”の売買又は実施許諾を行われる際には、当所弁理士は、売買契約又は実施権許諾契約の締結の代理又は媒介を行わせていただきます。

秘密管理の指導・助言

営業秘密の外部漏洩が起きた際に法的保護を受けるには、不正競争防止法第2条第6項の規定通り、「秘密として管理されていること」、「事業活動の上で有用な情報であること」及び「非公知性」の3要件が満たされていることが必要です。若し裁判となった際にもっとも重要な要件は「秘密管理性」であり、事業者として(主観的に)だけでなく、外部の人間が見ても(客観的に)適切な秘密管理のための措置が講じられていなければなりません。

どのような場面においても有利にはたらくように秘密管理性を確保するには、弁理士が現場訪問を行ったうえで現状の改善指導・助言を行うことが重要だと考えています。

3.中小企業・ベンチャー企業様を強力に支援します

外部の知的財産部門として貴社の右腕に

当所は、法務部や知的財産部等の知的財産を専門的に扱う部門を自社内にお持ちでない中小企業・ベンチャー企業様に向けて、外部の知的財産部門として戦略的な経営支援を行いたいと考えています。

「発明」「特許」の疑問・問題・課題を解決

誕生したアイデアは発明になるのか? アイデアは特許出願に値するのか? 他社の権利を侵害していないか? どう管理すれば秘密として保護できるのか? 新しいネーミングやマークは商標登録が可能なのか?

専門部署がなければ、上記のようにさまざまな疑問や問題点にお悩みになることでしょう。当所は、お客様の事務所を直接訪問して対面による念入りな打ち合わせ・議論を行い、諸問題の核を的確に把握することで、貴社が抱える問題や課題を解決へと導きます。当所は、まさに外部の専門部門として、貴社の右腕となり、きめ細やかなサービスを提供させていただきます。

特許庁支援策の利用による早期権利化をサポート

特に「特許出願後の無料先行技術調査」を積極的におすすめし、先行技術との差別化が可能な場合には、早期審査を申出して、早期権利化を推進します。通常であれば審査請求の日から約1年半~2年半の期間を待たなければなりませんが、早期審査の申し出によって2ヶ月~3ヶ月後という早いタイミングで最初の審査結果が通知されることになります。発明の内容によってはそのタイミングから特許権を確保することができるのです。こうなれば、市場への早期参入やシェア独占等も夢ではなくなるでしょう。

このページの先頭へ